22
11月

期日現金(払い)

モノを買ったりサービスの提供を受けたとき、90日後とか120日後などの決められた期日に代金として現金を銀行振込みする、信用取引のもっとも基本的な方法。

手形発行に伴う経費(印紙税や手形管理費など)を削減するという意味から、大企業を中心に広がっています。

一方で手形のように金融機関で割り引いて資金化したり、回し手形として支払いにあてることができないというデメリットもあります。

そのため、ファクタリング会社(売掛債権の支払保証や買取りを引き受けるサービスを提供する会社)を間に挟んで、期日以前でも所定の手数料を払えば代金を受け取れるようにするなどの対処策が併用されたりします。

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.