22
11月

企業会計

営利を目的とする企業、組織の経営活動とその結果について、一定の規則に従って貨幣額によって記録、計算し、その情報を報告する会計。

単純な金銭収支会計ではなく、損益会計を中心とした会計が行われる。

また情報の報告の目的により財務会計、管理会計、税務会計に分けられる。企業会計自体の目的は3つあり、まず、経営者が外部の利害関係者から委託された財の管理に関する受託責任を明確にする企業受託遂行目的。

2つ目に外部の利害関係者の意思決定のために有効な資料を開示する実態開示目的。最後に利害関係者へ財を分配するために有効な分配可能利益算定目的の3つである。

 

 

 

東京 税理士事務所

Comments are closed.