22
11月

勘定科目

勘定科目とは、簿記で使用される、お金のある場所、お金が入ってきた理由、 お金が出ていった理由などを表す科目のことです。

お金のある場所としては現金、預金、有価証券などがあります。

お金が入ってくるのは主に売上高ですが、他に雑収入といった勘定科目もあります。

お金が出ていく勘定科目はとても多くて、給与、広告宣伝費、外注費、福利厚生費、通信費など数え切れません…。勘定科目は家計簿に出てくる科目と本質的にはそれほど違わないのですが、 財政を正確に表現できるように、種類はかなり多いです。

財務諸表にはこれら勘定科目がそのまんまでてきますので、 財務諸表を読むのであれば勘定科目に対する理解も必要になってきます。

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.