22
11月

借入金依存度

企業が保有している資産のうち、どのくらいが外部からの借入金によって賄われているかを示す経営指標です。

各企業が毎年作成している決算書のうち、貸借対照表(バランスシート)に記載されている長期・短期の借入金、社債残高などの有利子負債の金額を総資産額で割って求めます。

一般に、借入金依存度の高い企業は、金利上昇などが経営や業績に与える影響が大きくなるため、財務の健全性が低いとみなされます。

この借入金依存度を引き下げるためには、利益を増やすなどして株主資本を厚くするか、手持ち資金を増やして借入金返済に充てるなど、有利子負債の削減に努める必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.