22
11月

合併損益計算書

地方などに支店があって、支店独立会計制度を採用している場合、本店および支店は期末にそれぞれ決算を行い、損益計算書を作成します。

しかし本店も支店も同一企業であるからその企業全体の財政状態や経営成績を明らかにするためには、本店および支店の損益計算書を合併し、それをもとに公表用の損益計算書を作成したものを「合併損益計算書」といいます。

合併損益計算書は、本店と支店の貸借対照表・損益計算書の同じ項目の金額を合計して作成します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.