22
11月

額面株式

株券に金額表示がある額面株式に対して、額面金額の定めがない株式のこと。株数だけ表示されている。株主の権利の内容はどちらの株券を持っていても同じである。株式会社はこの両者のうち、いずれかを発行することができた。

ただし、2001年の商法改正により、額面株式は廃止され、発行価額に関する規制は撤廃されている。よって、2001年10月1日から、企業で発行されるすべての株券が「無額面株式」となっている。

株における額面とは、企業が最初に株式を発行したときの、1株あたりの金額のことで、20円、50円、500円、50000円の4種類があった。また、債券における額面とは、債権の保有者が満期時に受け取ることの出来る金額のことをいう。もともと株価とは、会社の収益状態や景気動向によって変動するものであり、株式の額面はあまり意味をなしていなかった。

また、時価で払い込む時価発行増資が増えてきていたことから、ますます額面の意味は薄れ、無額面株式に転換された。

 

 

 

 

 

Comments are closed.