22
11月

外国人労働者

日本の外国人労働者の受入れは、出入国管理および難民認定法の在留資格によって規制されています。専門技能をもつ者、あるいは技能実習制度のように特定活動のなかで認められたもの者などでないと不法就労になるので、雇入れの際には在留資格の確認が必要です。

 「外国人労働者の雇用・労働条件に関する指針」に定義される外国人労働者には、永住者及び特別永住者は含まれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.