21
11月

売掛債権限度

与信限度ともいいます。得意先に対する掛け売上の限度額のことです。

際限なく商品を出荷した場合、不測の損害を被る可能性があるため、得意先の信用状況に応じて与信限度(いくらまで売ってよいか)を設定します。連鎖倒産、取り込み詐欺を予防する上でも有効です。

顧客の資本金、会社形態の種類、信用調査機関の資料、取引実績などを勘案して与信限度を設定することが大切です。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.