21
11月

売上債権回転期間

効率性分析の一指標。

計算式は「売上債権回転期間(年) = 売上債権残高 ÷ 売上高 × 100」。売上債権として存在する平均的な期間を年数で示したものである。

この売上債権回転期間は短いほうが好ましい。しかし妥当とされる期間は業界により異なるため一概には言えない。むしろ期間比較を行い、回転期間が延びていないかに注意することが重要だといえる。

ちなみに関連用語として「売上債権回転率」がある。こちらは「売上債権」の回収がどれだけ効率的に行われているのかを表す指標である。この回転率はより高いほうが好ましいとされる。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.