21
11月

EPS

earnings per share

 
1株あたりの利益額で収益性を見る指標。株式市場が企業を評価する指標の1つ。以下の式で表される。
 
EPS = 税引後当期利益 ÷ 発行済み株式数
 
利益として「税引後当期利益」を用いるのは、債権者に利息を返した後の利益を株主に分配すべきという考え方による。
EPSによる企業評価は、株式交換によるM&Aの交換比率決定などにも使われる。
日本企業でも近年は、経営目標や基本方針にEPSによって目標設定するところもある。
なお、EPSは1株当たりの指標のため、株式分割などによって大きく変化する。
他社と比較する際も、発行株式数を考慮する必要がある。
 
「またEPS(1株当たり利益)は、1株あたり利益,1株利益とも言う」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Comments are closed.