21
11月

安全性分析

safety analysis

負債あるいは資本の構成が安定しているかどうかなどを分析することによって、資金的な安定性、余裕度を測定する指標分析。
代表的な指標として、株主資本比率、流動比率、当座比率、固定比率、インタレスト・カバレッジ・レシオなどがある。
 
株主資本比率  株主資本比率 = 株主資本 ÷ (負債+資本) 流動比率  流動比率 = 流動資産 ÷ 流動負債 当座比率  当座比率 = 当座資産 ÷ 流動負債 固定比率 = 固定資産 ÷ 株主資本 インタレスト・カバレッジ・レシオ  
 
安全性分析は、企業が倒産する危険度を示す指標とも言え、特に取引先や銀行などにとって重要な意味を持つ分析である。
なお、安全性の指標は、安全性の観点からは高い方が望ましいが、見方を変えると、高すぎる安全性の指標は逆に経営の非効率性を表しているともいえる。
例えば、株主資本比率を考えてみよう。利益の観点からは、株主資本比率が高いほど良いとは限らない。借入金のコストよりも儲かる事業があるなら、借入金をテコとして使い、より多くの資金を投入することで利益を増やせるからである。
 
つまり、株主資本比率が高すぎる場合には、安定性はあるものの、消極的で機動力のない経営を行っていると言える。 近年、安全性の観点から注目を浴びている業界に銀行業界がある。銀行の倒産は各所に多大なる影響を与えるため、一般企業以上に健全性を求める声が強まっている。業務として国際的な取引を行う銀行には、BIS規制により8%以上の自己資本比率(銀行業界では、株主資本比率ではなく、自己資本比率という用語が使われる)が必要とされている。

Comments are closed.