06
1月

組織形態

 

どの組織形態を選ぶか

組織形態を選ぶ際のポイントは、それそれの組織形態の特徴を踏まえ、起業する事業の内容や組織、将来ビジョンを照らし合わせて選ぶ必要があります。

では、それぞれの組織形態にはどういった特徴があるのでしょう?大きく分けるとまずは、法人であるかないかの違いです。次に、出資者と経営が分離しているかの違いです。また、組織ごとの課税方法も異なります。これも組織を選ぶ際のポイントとなるので良く考える必要があります。このように考えていくと自分の事業に最適な組織形態が見えてくるでしょう。

以下にそれぞれの組織形態の特徴をまとめました。個人事業との比較も記載したので参考にしてください。

株式会社・合同会社・LLP、個人事業主の比較
  株式会社 合同会社

(LLC)
有限責任事業組合

(LLP)
個人事業
組織形態 法人 法人 組合 個人事業主
構成員数 代表取締役1名以上 代表社員1名以上 組合員2名以上 規定なし
出資金 1円でも可 1円でも可 2円以上 不要
課税主体 法人課税 法人課税 構成員課税

(パス・スルー課税)
所得税
構成員の責任※1 有限責任 有限責任 有限責任 無限責任
対外的信用度※2 最も高い 将来に期待 将来に期待 他組織体と比べると低い
損益分配 持ち株数に応じて分配 出資額に応じて分配

※これに限らず社員間の同意で自由に決められる
出資額に応じて分配

※これに限らず社員間の同意で自由に決められる
N/A
  • ※1組織に負債が場合、有限責任とは出資した額以上の責任を負担しないことです。逆に無限責任とは負債額全額を支払う義務があります。
  • ※2株式会社以外はまだ認知度が低いためこのような表記にしてありますが、これから認知度が高くなっていくと思われます。

一般的に言われているものを簡単にまとめました。よくあるご質問をはじめとする他コンテンツもご参考下さい。

関連項目

Comments are closed.