26
12月

足立区と大学が連携 起業支援施設「かけはし」が開設

 

足立区は東京電機大学と連携して中小企業の創業支援施設「かけはし」を足立区北千住に開設しました。施設は、廃校になった区立第十六中学校を改修したものでオフィスを低価格で貸し出すというものです。
 
創業支援施設として貸し出すオフィスは14室で、月額は共益費込みで4万200円です。またパーテーションで区切った「シェアードオフィス」も開設しました。入居できる期間は2年間で、転居後は足立区内で事業を継続することが条件となっています。物流の卸売業を起業した鈴木邦彦代表は、大学の専門性や技術を生かした支援に期待を寄せています。
 
施設では、中小起業の経営相談など悩みを解決するインキュベーションマネージャーが週3日常駐します。
足立区の近藤区長は「若い方々が大きく日本、そして世界に羽ばたいてもらいたい。区としても今後もできる限りのバックアップをしてまいりたい。」と話しています。
 
区と東京電機大学は、再度、来年2月(2012年)に入居者を募集する予定だということです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Comments are closed.