01
12月

ロールプレイング技法

ロールプレイング技法(Role Plying)は、通常、役割演技法と呼ばれている教育訓練技法の一つです。

一般社会の組織活動においては、構成員それぞれが役割(ロール)を分担し、それらが有機的に組み合わされることによって組織目標を達成しています。

つまり、「自分はそのほかの人の期待に応じて」「他の人は自分の期待に応じて」行動するとき、組織活動は円滑に機能することになります。

この関係を特定の状況設定の元でプレーすることによって、プレーする管理者の行動発想、態度、価値観などを変えることを目的としたのがこのロール・プレイング技法です。

この技法を基本として、それぞれの目的に応じて、多様なロール・プレイン技法が開発されています。これからの管理者教育にあっても、その管理目的にマッチした技法の開発に心がける必要があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.