01
12月

リベート

リベートとはメーカーや卸売り業者が流通経路内での協力を得て販売を促進するために、取引業者に対して一定期間に上がってきた売上金を元に支払う割戻金や報奨金のこと。

製品の販売後、代金が回収されてから、その金額に応じてメーカーから卸売業者や小売業者、あるいは卸売業者から小売業者へ支払われる。

このリベートにはいくつか種類があり、代表的なものとしては、取引業者が扱う自社製品の金額や数に応じて累進的に支払われる累進リベートや、自社製品の専売制の高さに応じた専売度リベート、あるいはメーカーの方針へどの程度従っているかに応じたロイヤリティリベートなどがある。

ただし、リベート操作による流通経路の支配や強化を急ぐがあまりに、不当な圧力をかけたうえでの取引業者へ支払われるリベートが、不透明な商慣習として問題視されているほか、卸売業者がリベート欲しさに、製品を大量に売ろうとして行き過ぎた安売り競争となり、広い範囲の卸売りや小売業者の利益が減少するといった弊害も起きているため、リベート制度を廃止するメーカーも増えている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.