01
12月

郵便為替証書

郵便為替によって発行する証書のこと。

郵便為替は送金するために利用される制度で、郵便局で現金を郵便為替証書に変換したのち、普通郵便で相手に送り、受け取った相手は郵便為替証書を郵便局に持っていけば現金に変換できるというもの。

郵便為替には普通為替、定額小為替の2種類があり、普通為替は1枚500万円までの範囲で金額を自由決められるもので、料金は3万円未満の場合は420円、3万円以上の場合は630円となっている。

一方定額小為替は、50円、100円、150円、200円、250円、300円、350円、400円、450円、500円、750円、1000円という定額の為替証書が発行するもので、料金が全て100円と、普通為替よりも低く抑えられている。

有効期限は発行から6カ月で、6カ月経過後は再発行が必要になる。さらに発行から5年経つと、現金への変換が保証されなくなる。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.