01
12月

持分法

持分法とは、企業が連結財務諸表を作成する際に、連結子会社以外の会社であっても、企業グループ全体の業績に影響を与える関連会社や非連結子会社の状況も反映させるための会計方法。

原則として、議決権所有比率が20%以上50%未満の非連結子会社・関連会社に適用され、持分法適用会社という。

関連会社や非連結子会社の財務内容(=純資産、および損益)のうち、投資会社に帰属する部分を、連結子会社のように財務諸表を合算するという手続きを使わずに、「投資有価証券」の勘定項目を関連会社等の損益等を反映させるように数値を修正するだけで簡易的に連結財務諸表に反映させる。

連結の「完全連結」に対して、持分法が「一行連結」と言われる所以である。

ただし、連結と持分法が、連結財務諸表上の当期損益および純資産に与える影響は同じである。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.