01
12月

無額面株式

無額面株式とは、額面金額の定めがない株式のことをいう。

2001年6月22日に商法改正法案が国会で可決・成立し、6月29日に交付された。

この中で単位株制度に代わる「単元株制度の創設」が盛り込まれた。2001年10月1日から、企業で発行される株式はすべて無額面株式となった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.