01
12月

前受収益

決算で一時的に使われる経過勘定のひとつで、一定した役務の提供をする契約を結び、まだ提供していない役務に対して受け取った対価のこと。

例としては、前受家賃、前受保険料などがある。

当期に支払いを受けたものでも、役務を提供していないために、当期では貸借対照表に負債として計上することになる。

商品の売買に先だって、契約を確実にするために代金の一部を受け取った場合には前受金となり、前受収益とは区別される。

前受金は一時的な債務を処理するためのもの。支払う側からすれば、前渡金となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.