01
12月

本店集中計算制度

支店と支店の間の取引は、ふつう各支店がそれぞれ本店を相手として取引したように記帳し、本店はこの取引の通知を受けて、各支店と取引したように記帳する方法がとられており、この方法を本店集中計算制度といいます。

この制度をとれば、各支店では本店勘定だけを設ければよく、本店ではそれぞれの支店勘定によって支店間の取引内容を容易に知ることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.