01
12月

不課税取引

そもそも消費税の適用の対象とならない取引です。

対価を得て行うことに当てはまらない寄付や単なる贈与、給与の支払い、損害賠償金、出資に対する配当などがこれにあたります。

不課税取引は、そもそも消費税の適用の対象にならない取引ですから、課税売上割合を計算するとき、分母にも分子にも算入しないという点で、非課税取引と異なります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.