01
12月

発生主義

発生主義(はっせいしゅぎ、accrual basis)とは会計原則の一つで、現金の収入や支出に関係なく、収益や費用の事実が発生した時点で計上しなければならないとするもの。

収益と費用を現金の受け渡しの時点で認識する会計原則である現金主義とは反対の概念である。

これらを用いた会計手法は通常、「発生主義会計」や「現金主義会計」と呼ばれる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.