29
11月

特殊仕訳帳

複合仕訳帳制では、現金出納帳や売上帳などの補助記入帳に仕訳帳のはたらきをさせて、特定の勘定についてはそこから一定期間ごとにまとめて転記します。この「仕訳帳のはたらきをかねた補助記入帳」のことを特殊仕訳帳と言います。

企業規模が大きくなればなるほど、すべての取引を一つの仕訳帳でやろうとするのが大変になります。 

仕訳帳を分割することによって、記帳の省力化、単純化、内部牽制の強化といったメリットがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.