29
11月

定期預金

定期預金とは、一定期間払い戻しをしない条件付きの預金です。

一定期間払い戻しをしないという約束をすることから、 金融機関側としては、普通預金よりも流動性の少ない資産として長期の貸し出し、運用が可能になります。 従って、金融機関としてはいつ引き出されるか分からない普通預金よりも扱いやすく好ましいため、 一般には普通預金よりも高い金利が設定されています。

期限付きであるにもかかわらず、実際は期限が来る前でも解約・引き出しが可能で、 その場合でも、預金者側に特にペナルティは無いケースがほとんどです。 途中解約の場合でも、普通預金の金利が適用され、元本保証が守られます。

このように、条件を破ってもペナルティが無いのは、 一部の預金者が定期預金を解約するようなことがあっても、数が少なくて 金融機関側にそれほどダメージが無いためだと思われます。 預金者としては、お得な金融商品といえます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.