29
11月

陳腐化償却

減価償却資産の耐用年数は、通常の効用持続年数に一般的な陳腐化の程度を見込んで定められています。 

しかし、技術の進歩その他の理由によって、著しい陳腐化が生じる場合があります。そのような場合に認められる償却方法をいいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.