29
11月

長期固定比率

 

長期固定比率(%)=固定資産÷(長期他人資本+自己資本)×100 

固定資産を、長期他人資本と自己資本の合計値で除して計算する。安全性を検討する指標の一つです。

長期固定比率は、固定比率を補完する指標であるといわれます。

固定比率(固定資産÷自己資本)は、長期的に資金が拘束される固定資産の金額は、返済義務のない自己資本で賄われるべきであるという考え方です。

長期固定比率は、分母をさらに広くとらえたものです。返済義務はあるけれど、短期的には返済義務のない長期他人資本(長期借入金や社債など)を分母に加えます。

仮に固定比率が100%を超えていても、長期固定比率が100%を下回っていれば、とりあえずは問題なしと判断されます。

 

 

 

 

 

Comments are closed.