29
11月

長期借入金

5年や10年など、1年を超えて返済する借入金のこと。企業会計上では、バランスシート(貸借対照表)で使用される勘定科目の、固定負債の部の仕訳のひとつ。

決算期後1年を超えて返済期限の到来する、銀行や関連企業、取引先、個人からの借入金を計上する。

また、手形借入金や当座借越も含まれる。借入金には利息の支払いもあるので要注意。長期借入金は、工場や土地などの固定資産を購入する際など、会社の成長のための投資をする場合に発生することが多い。返済は、減価償却費と利益の範囲で行われる。

3ヶ月、6ヶ月など1年以内の短い期間で返済する借入金の場合には、流動負債の部の短期借入金の勘定科目を使用する。長期借入金と短期借入金の大きな違いは、返済期間だけである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.