29
11月

長期貸付金

貸付金のうち、返済期限が1年を超えるもの。反対に返済日が1年以下のものは短期貸付金という。

貸付の対象は取引先、従業員、役員、子会社などさまざまで、貸借対照表では固定資産の一部を形成する。

返済日が1年未満になったものは、短期貸付金に振り替えるという会計上の仕訳が必要となる。

例えば取引先に返済期限を1年以上として、800万円貸し付けた場合、借方に長期貸付金800万円、貸方に現預金800万円と仕訳し、返済期限が1年未満になったら、借方に短期貸付金800万円/貸方に長期貸付金800万円と記入する。

なお、短期貸付金は貸借対照表で流動資産の部門に入る。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.