24
11月

タックス・ヘイブン

金融でのオフショアとは、外国人に対する租税環境が優遇されている国または地域のこと。

オフショアが実施されている国や地域に本拠地をおく海外の会社や個人はその口座にある資産や投資や事業によって得た収益に対してほとんどの場合税金がかからない。税金の負担を回避できるためタックスへブン(租税回避地)という別名も持つ。

具体的にはバミューダ島、英国領バージン諸島、ケイマン諸島などが挙げられる。そして、多くのファンドや金融機関が本拠地を置くため、このような国や地域はオフショア金融センターとも呼ばれている。オフショアを本拠地とすることのメリットとしては、まず第一には課税される金額が少ないということが挙げられるが、その他にもプライバシーを保護しやすいことや本国(口座を持つものの居住国)からの捜査の手が及ばないなどといった制度上の利点がある。

オフショアを制度として設定する国・地域にとっても、オフショアの制度によって外国人の資金が集まってくることは安定した外貨の獲得や経済の安定などメリットは大きい。また、これらの国や地域では資産の運用や管理といった業務が主要産業の一つとして成長してきている。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.