24
11月

退職金の年金化

退職金の年金化とは退職金(の一部)を一時金としてではなく、年金として本人または遺族に支払っていく制度を導入することです。

退職金の性格として、「功労に対する褒賞」「賃金の後払い」のほかに「退職後の生活を助けるための老後生活扶助」というのがあり、この意味にあった方向といえます。

退職金年金は元々、退職金を分割支給することを前提として作られています。会社にとっての退職金支払負担の平準化を図ることができます。また、税制上の優遇措置が適用されるなどのメリットもあります。

社員にとっても老後に安定した収入が保障されていることとなります。また、外部機関に積立金を預ければ、退職金の原資の保全が図れる事ともなります。同時に退職金支払原資の平準化とその保全措置が完全に講じられることにもなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.