24
11月

損金経理

「損金経理」とは、「法人がその確定した決算において費用または損失として経理すること」を言います。

つまり、決算修正完了後の決算書(損益計算書)上に計上されていることを指します。

法人税では、減価償却、引当金・準備金の繰入れ、役員退職金など、損金経理をしなければ損金算入できないものがあります。

よって、損金経理しなかった金額は、損金算入限度額に余裕があっても、申告調整で損金算入することはできません。

たとえば、減価償却費を計上せずに決算書を作成した場合、申告調整で減価償却費を計上することはできないというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.