24
11月

損益分岐点売上高

採算の分かれ目となる売上高水準のこと。

企業内のコストは、固定費(人件費とか地代家賃とか原則一定の経費)と変動費(材料費とか外注費とか売上高の増加にともなって増える経費)から構成されます。売上高がゼロであっても固定費はかかってしまうので、そのぶんの赤字が発生します。

売上高が増加していくにつれ赤字は減り、限界利益(売上高-変動費)=固定費となるラインを超えれば利益が計上されます。

損益分岐点売上高を超える売上高が達成されれば、固定費回収後の限界利益が、そのまま利益として計上されることとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.