24
11月

総資本経常利益率

売上高に対する営業利益の比率。営業利益÷売上高×100(%)の計算式で表される。 この指標から、企業が本業でどれだけ効率的に利益を出したのかが見られる。 「売上高」とは企業が製品や商品、あるいはサービスを販売、提供した対価として顧客から受け取った代金のことで、数量×単価で表される。 一方で「営業利益」とは、企業が営業活動を通じて得た粗利益である「売上総利益」から、人件費などを含む販売管理費や税金、原材料費や仕入れコストなど、本業に関わるコストを差し引いた利益のことである。これらのコストは企業が事業活動を行ううえで不可欠なものであるため、それらを差し引いた営業利益は、企業が営業活動全体から生み出した利益ともいえる。 一般的に、この指標は高いほど良いとされる。そのため同業他社や業界平均値などと比べて数値が低い場合は、費用面での無駄を確認する必要があるといえる。                

Comments are closed.