24
11月

総資産

個人や法人が保有する不動産、現金、預金、有価証券などといった財産、またはその合計のこと。

会計上では貸借対照表(B/S)の借方に資産の部として記載されている。

資産には流動資産、固定資産、繰延資産があり、流動資産とは1年以内に現金化、費用化ができる資産のこと、固定資産とは1年以上継続的に会社で使用や運用する資産のこと、繰延資産とは会社が支出する費用でその支出の効果が1年以上におよぶもの。貸借対照表の資産の部では現金化が容易な順に上から並べられ、流動資産、固定資産、繰延資産の順になる。

流動資産には現金、当座預金、受取手形、売掛金、商品、消耗品、前払金、未収金、貸付金、立替金があり、固定資産には建物、備品、土地、営業権、特許権などがあり、繰延資産には創立費、開業費、開発費、株式交付費、社債等発行費などがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.