24
11月

総勘定元帳

各勘定科目ごとに金額の増減を記す会計帳簿のひとつ。経済取引が発生すると、取引内容を仕訳帳に記載し、さらに勘定科目ごとに勘定元帳に転記する。仕訳帳とともに主要な会計帳簿となる。

使用する勘定科目ごとに勘定元帳を用意し、それぞれに分けて書き込む。主要な勘定科目として資産、負債、資本、収益、費用、利益、損失などがある。

総勘定元帳は一会計期間ごとに作成される貸借対照表や損益計算書といった財務諸表の元となる。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.