24
11月

制度会計

財務会計のうち、法的制約を受ける、すなわち法律制度の枠組みの中で行われる会計のこと。

企業が遵守すべきとされている日本の制度会計は、商法会計、証券取引法会計、税法会計の3つであり、それぞれの法の目的を実現するための会計領域である。

これら3つは密接に関連しているため、日本の制度会計はトライアングル体制と言われているが、会計ビックバンによりその関係は大きく変わり始めている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.