24
11月

スキャンロン・プラン

成果配分方式の一つで、生産額・売上額の変動にリンクして賞与を決める方式。

労働分配率を一定に考え、売上が増えて人件費率が下がったり、人件費コストの節約によって生産性が向上したとき、その成果の分を労働者に再配分しようという考え方です。

これをふまえて、「賞与総額=売上高×標準人件費比率-毎月の賃金総額」を基本に賞与を決定する例が日本では多くとられてきました。

アメリカのスキャンロンという人が提唱したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.