24
11月

仕訳

取引の原因と結果を分析し、借方と貸方に分けて、帳簿に記録すること。

借方には借方要素(資産の増加、負債の減少、資本の減少、収益の減少、費用の発生)が記入され、貸方には貸方要素(資産の減少、負債の増加、資本の増加、収益の発生、費用の減少)が記入される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.