24
11月

商法

広く企業に関係する法律。

商法は、株主や債権者の保護を主たる目的としており、日本国内のすべての企業に適用される。

企業は、商法の規定に従って会計をおこない財務諸表を作成しなければならない。この財務諸表のことを計算書類と呼び、株主に提出される。

商法がすべての企業に対して適用される法律であることに対して、株式を上場している企業および上場を目指している企業を対象として適用される法律が証券取引法である。証券取引法は、投資者の保護を目的としている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.