24
11月

修正申告

税金の確定申告後に納めた税金が少なすぎた場合や還付される税金が多すぎた場合に、改めて税務署に対し、正しい申告をすること。修正申告により新たに納める税金が生じた場合、その日中に納めなければならない。

自ら確定申告の誤りに気が付き、自主的に修正申告をすれば問題はないが、税務署の調査などにより、更正する必要があることが発覚した場合は過少申告加算税が課されることになる。また、自ら申告した場合でも、一定の延滞税を支払わなければならない。

なお、納めた税金が多すぎた場合や還付される税金が少なすぎた場合は修正申告ではなく更正の請求をすることになっている。更正の請求をすることで支払いすぎた税金を還付することができる。ただし、更正の請求は原則として、法定申告期限から1年以内となっている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.