24
11月

CEO

Chief Executive Officerの略。

米国型コーポレートガバナンスにおいて、業務執行役員は株主を代表する取締役会によって決定されるが、CEOはそのトップとして経営を執行する者を指す。

取締役会は経営の意思決定を行うと共に、経営を監視する役目も果たし、実際の執行はCOOに任される。この関係は社長や会長とは異なるが、同一人物が取締役会会長とCEOを兼ねる場合も多々ある。

日本では、重要な経営上の意思決定は取締役会で行われ、代表取締役が執行することとなっている。

また取締役会と代表取締役を監視するのは監査役(監査役会)であるため、米国型の経営方式とは異なる。2003年に商法が改正されて、米国型の企業経営を行う委員会等設置会社の設置が認められたため、国内でもCEOという名称が浸透した。

しかし、商法の「代表取締役」とは異なり、会社の代表権を持つ取締役、代表取締役、あるいは代表執行役ではない。このため、CEO、COO、CFO共に法的な裏づけはない。

 

 

 

 

Comments are closed.