24
11月

360度評価

人事評価制度のひとつで、上司や部下、同僚、関係部門の担当者、取引先、顧客など、あらゆる関係者が一人の人材を評価する制度。

一部のごく限られた人の目から評価するのではなく、立場や関係性の異なるさまざまな人が多角的に評価することで、評価の公平性、客観性を高めるのが狙い。

ただし、評価する人によっては必要な情報が十分ではなかったり、評価力にばらつきが出るといった問題点もあり、この結果だけを見て処遇に反映させることは難しいとされる。導入企業でも、人材育成を目的として本人へのフィードバックを行うなど、参考情報にとどめているケースが多い。

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.