24
11月

雑損失

企業会計上、損益計算書で使用される勘定科目の、営業外費用の部の仕訳のひとつ。営業外費用の他の勘定科目に該当せず、営業に関連しないその他の支出、損失のうち小額で重要性が低い支出を雑損失の勘定科目へ計上する。

雑損失の仕訳内容は企業によって異なるが、統一しておく必要があり、雑費とは区別して計上する。

例えば、交通違反罰則金や盗難による損失、違約金支払や決算時の不足金、損害賠償金支払などがこれに当たる。

ただし、法人が支払う罰則金や違約金は損金算入することができないので要注意。計上方法の例としては、決算時に現金過不足勘定の借方に原因不明の5,000円の残高がまだあった場合、左側の借方には雑損失5,000円を計上し、右側の貸方には現金過不足5,000円を計上する。

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.