24
11月

災害減免法

正式には、「災害被害者に対する租税の減免、徴収猶予等に関する法律」といいます。

給与や報酬・料金、公的年金等の支払いを受ける人が、震災、風水害、落雷、火災などの災害により大きな被害を受けたときに、源泉所得税の徴収猶予や還付などを受けられるように規定した法律です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.