22
11月

現金出納帳

補助簿のひとつで、現金の入出金の管理をするための帳簿です。

記載内容には通常、日付・摘要欄・収入金額・支出金額・残高を取引の日付順に記載していきます。この現金出納帳は総勘定元帳などではなかなかわからない細かな内容を記載するため、補助簿の中でも重要な帳簿とされています。

この現金出納帳の残高と金庫の中の実際の現金残高とが一致していればOKですが、1円でも違っている場合は、記帳ミスか現金の数え間違い、実際の現金の受け渡しの際の間違いなどが原因ですので、きちんと一致するまでその原因を追求する必要があります。

どうしても不一致の現金がわからない場合は、その金額を現金過不足勘定で計上しておきます。

 

 

 

経理代行 アウトソーシング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.