22
11月

経済的利益

現金で受領する場合は、「いくらもらった」というのが金額ではっきりとわかります。しかし、品物を無償で貰ったり特例的な措置を受けた場合には実際には、現金で貰っていなくても差額相当額を現金で貰った(経済的な利益)という考え方になります。

何が経済的利益にあたるのかは、所得税基本通達36-15に規定されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.