22
11月

グローバル・スタンダード

特定の国や企業などに限られた基準ではなく、世界で通用する基準やルールのことで、地球規模での標準化・共通化を意味する。国際標準、国際基準ともいう。

特に経済界では、経済のボーダーレス化により金融の自由化と国際化が進む中、世界の経済や企業が共通のルールに基づいて行動しなければ、円滑な活動が進められなくなってきたために重要視されている。

日本では、情や根回しなどでやり取りされるケースもあり不透明な部分もあったが、グローバルスタンダードのもとでは、世界がみて透明で公正な取引が行われなければならない。

企業で取り入れられ、行われているグローバルスタンダードの例として、時価会計制度の導入、経営内容のディスクロージャー(情報開示)の徹底や、実力主義に基づく人事・給与制度などの導入などがあげられる。.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Comments are closed.